2010年05月31日

税金対策での生命保険利用の落とし穴

税金対策での生命保険利用では、資金繰りが苦しくなったり、銀行の融資が困難にならないように、保険料を掛け過ぎないことです。

生命保険の保険料を別種の預金と考え、会社の利益とほぼ同額の保険料を払う経営者もいますが、資金繰りが厳しくなる。翌年、利益が減少すれば、さらに資金繰りが減ります。

会社の利益が生命保険の保険料で消えてしまうので、利益ゼロかマイナスとなり、銀行が融資してくれなくなります。銀行は、生命保険の保険料分を利益とみなさない。

漫画でわかりやすい★「税金がニガテな社長さんのために使える会社の税金対策」★


posted by カゼ at 11:59| 税金対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。