2007年04月24日

税金対策土地活用マンションの是非と成功のヒント

税金対策土地活用マンションについて、「空室が増えているので、止めておいたほうが良い」という意見と「金利の低下や不況による工事費の低下で、今がチャンス」という意見に分かれていると思います。

他の物件と比べて差別化が必要、しかし差別化のために投資額が大きすぎては儲からない。また、差別化しても、4-5年後に、同じようなマンションが増えて珍しくなくなる可能性もあります。

これらの問題について、(株)エル・シー・エー・リコンストラクション( 〒111-0055 東京都台東区三筋1-17-10 本多ビル4F )は、「資産・土地活用には成功の条件がある」「上手な税金対策あれこれ」の中で、なかなか参考になる解説をしています。税金対策土地活用マンションに取り掛かる前に、一読の価値があります。

◆「資産・土地活用には成功の条件がある」

データで見る土地活用のポイント

安定した賃貸マンション経営をするためにいくらコストをかけるべきか?

その支出が賃貸経営をする上で適切な額かどうか…

資産(土地)をそのままにしておくか? それとも新たに土地活用に踏み切るか?

◆「上手な税金対策あれこれ」

「資産の合計」=「相続税課税対象額」とお考えではありませんか?

自分に必要な相続対策は?

相続税と贈与税を一体化する生前贈与の円滑化策

「節税第一」は間違っている?

『資産一覧表』をつくってみよう!

『贈与』ってどんなこと?

相続税対策における『贈与』の活用

よくある質問Q&A集

詳細は(株)エル・シー・エー・リコンストラクション(Http://www.lca-r.co.jp/300.html)。


とにかく、バブルの時に多くの財産を持っていたり、支店を10以上持って商売繁盛していた人は、税金や相続税対策でビルやマンションやホテルや土地を、銀行や建設会社から勧められて買うか建てて、痛い目に会いました。毒饅頭を食ったようなものでした。

鉄砲を使わない革命が起きたようなものでした。別の見方をすれば、当時の銀行員は革命戦士とも言えます。

すぐ売れそうな物件で返済が少しでも遅れると、取り上げられそうになり「○○は△△より質が悪い」と言われました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。